車買取成功

初心者のための車の買取業者講座

中古車の需要は変動もなく落ち着いている模様。中古車の海外への輸出は、2016年よりは市場が拡大すると予想されています。
その理由として、2017年からフルモデルチェンジの新車が増加する年に入ってきているため、フルモデルチェンジする前に車を売りたい人が増えることが見込まれているため、車の買取業者も積極的に買取を強化している傾向があります。
何を言いたいかというと、車を売るなら「今」ということ。
初めて車を買取業者に査定を依頼する人が多いと見込んで、今回は初心者でも分かる買取業者についてご紹介します。

 

買取業者には主に3つ

 

買取業者は、大きく分けて3つの業者があります。

 

  • ディーラー(下取り)

 

  • 中古車販売店

 

  • 買取専門店

 

今の中古車市場の支えになっているのが、「オンライン取引」海外からのユーザーがどの車が欲しいのかピンポイントで分かるシステムになっているため、「安く売って高く売る」というオークションの流れから、ユーザーのニーズに合えば高く買い取ってくれるケースが少なからず増えているのです。

 

そんな高く買い取ってくれる業者は、買取専門店と中古車販売店。
とくに地域密着型の買取業者ほど査定・対応・接客は評価は高く、金額よりも人柄を重視しているユーザーが意外と多く見られました。

 

ディーラーの場合はいわば、下取り。買取は違いすぐに査定額が分からないのがネックですが、その場で新車を買う予定であれば、ディーラーで売っても問題はありません。

 

どんな形で車を売ろうと皆さんが、最終的に納得した結果になれば良いのですから。

 

それまでのプロセスを少し簡単・便利な方法があるとしたらぜひ、利用していただきたい方法を1つご紹介します。

 

車の一括査定サイトを利用しよう

 

ディーラー、買取専門店、中古車販売店を1つずつ見て回るのは時間も手間もかかります。
そんな時は、車の一括査サイトを利用すると家にいるだけで、1度に3社〜10社へ見積りを依頼することが可能なのです。

 

「カーセンサー」「Goo」皆さんがご存じの一括査定サイトです。
メリットとしては

 

・スマートフォンからいつでもどこでも簡単に利用できる

 

・複数社から見積もりを取ることで、納得がいく査定額が提示した業者が見つかる

 

・オークション方式の業者から、中古車販売店までいろいろな買取業者を紹介してくれる

 

・大手から地域密着型の業者までも紹介してくれる

 

中でもカーセンサーは、メール対応OKのサービスが人気で、しつこい業者からの電話の嵐を最小限に抑えてくれるので、初心者に優しいサイトです。

 

査定額の差が10万円以上になることも

 

車の一括査定サイトを利用すると、だいたい10万円ぐらい査定額の差がつくことから「車を売るならまずは、一括査定サイト!」という流れが確立しています。

 

車を売っても安い査定かつかないのは車種によっては避けられないかもしれませんが、下取りよりは高く買い取ってくれるのが買取業者のメリットとタイミングによって、皆さんの車がレアな車で高価買取できた!なんてことはあり得る話なのですから。